講演会・企業研修講師
中小企業再生コンサルタント

■職歴・履歴

小島 俊一 (こじま しゅんいち)
1957年 福岡県生まれ
福岡県立修猷館高校卒
明治大学政治経済学部卒
大手出版取次トーハン(従業員1,800名)入社。
営業部長、情報システム部長などを経て、2008年に執行役員近畿支社長に就任。
2013年(56歳)トーハン傘下となった愛媛の老舗書店チェーン明屋書店(全80店舗)への出向を命ぜられ代表取締役に就任。5期連続赤字だった同書店チェーンの経営改革に着手する。
幾つもの挫折を経ながらも、斬新な取り組みで企業風土を一変させ「従業員モチベーションの大幅向上」を成し遂げ、一人もリストラせずに業績を2年半でV字回復させる。この取組みが評価され、週刊ダイヤモンド誌「地方元気企業ランキング」で全国中小企業300万社の中で日本一に選出される。
その記事がこちら☛ https://diamond.jp/articles/-/90821

2017年(60歳)明屋書店の代表取締役を退任し、“元気ファクトリー株式会社” を設立。
経営再建の経験と知識から生まれた「企業再生のエッセンス」をベースにしたコンサルティングは、業種の枠を越えてクライアントの業績を上げている。
全国各地に呼ばれる講演会や企業研修でも、この「企業再生のエッセンス」を伝え好評を得ている。
講演会/セミナー実績☛ https://land-eye.jp/works

<コンサルティングの主な実績>

エステ店(四国で一番大切にしたい企業大賞受賞)/飲食業(売上が2.3倍に急増)
IT関連企業(赤字から黒字に転換)/ペット葬祭業(客単価3.5万円ながらも売上前年比120%達成)/園芸品販売(ネット販売に特化して黒字化達成)/不動産会社(業績を伸ばし続ける企業の顧問として、グループ企業の経営相談に乗る他に社員研修も担当)等々

■役職・資格

元気ファクトリー株式会社代表取締役
NPO法人日本がんサバイバーシップネットワーク理事
中小企業診断士/産業カウンセラー/ビジネスコーチ/
元東京都ラグビーフットボール協会公認レフェリー
お問い合わせ先アドレス:kojima@land-eye.jp

■著作

「会社を潰すな」PHP文庫 880円(税込)

地方銀行員を主人公にしたセミノンフィクションの企業再生小説。ビジネス小説を読みながらマーケティングとマネジメントの考え方が自然と身に付き、その上「決算書の読み方」まで学べます。

※伊予銀行様の新入行員研修や山梨中央銀行様の支店長研修など金融機関各階層の研修テキストの他、製造業や流通業でも推奨テキストとしても幅広く採用されている。

prof1
prof2
prof3
prof4
Referee

『崖っぷち社員たちの逆襲』(WAVE出版)2016年刊行
※重版が3刷の1万部まで売れるロングセラーになっている。

崖っぷち社員たちの逆襲 お金と客を引き寄せる革命―「セレンディップ思考」

セレンディピティ(serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

    • 発売日:2016年4月22日
    • 出版社名:WAVE出版
    • 税込価格:1,620円

あらすじ:「お客様は裏切らない。本屋がお客様の期待を裏切っているだけだ!」 赤字続きのある地方書店へと出向を命じられた銀行マン・鏑木(かぶらぎ)は、期待と不安を胸にその書店のドアを叩く。
そこに待っていたのは、会社経営に無知の社長と、鏑木を敵視する6人の店長たち・・・。
外様の銀行マンに怪訝な目を向ける7人であったが、やがて鏑木の知識と行動力に心を開き、社員一丸となって、書店再建へと立ち上がる!
流通業関係者なら身につけるべき「お金」と「マーケティング」の基本が分かる、「ビジネス実用書+エンタテインメント小説」