By: kojima 有効: 5月 30, 2020 In: BLOG Comments: 0

子供の頃、秋祭りで入った
お化け屋敷を覚えていますか?

なぜ、あんなに怖かったのでしょうかね。

大人になって、改めて考えると
怖かった訳に気付くことがあります。

先ずは、相手の正体が不明で
相手を理解していなかったから。

それに、お化けが出てくる
タイミングが突然で心の準備が
できていなかったから。

そうして、そのお化けへの
対処方法が身に付いていない
アンコントロール状態だったから。

この三つは、今のコロナ禍への
私たちの不安に通じるものが
ある気がします。

コロナが世界から消え去ることは
当分無いようですから、
私たちはwithコロナの世界を
生きてゆくことになります。

私たちは、きっとコロナに対して
抗体より先に“社会的許容”を
身に付けて行くことになるのでしょう。

過敏に反応する社会から
適切なリスクをテイクする
“社会的許容”への移行が
求められてゆきます。

コロナが世界に広がり始めて
3か月以上が経ち、
皆に少しずつ心構えは出来ました。

医療の力で治療薬も出始め、
対処法も出来つつあります。

科学の力でコロナの分析も
急速に進んで正体も明らかに
なりつつあります。

僕らは、今の事態にも慣れて
“社会的許容”を身に付けて行くことになります。

いつまでも県外の方との交流抑制や
外出自粛ばかりの世界で生活は出来ません。

リスクを一切拒絶する現状から
一定程度のリスクを許容する社会へ

先ずは、何処でこの第一歩を始められますか?

もう私達は元の世界には戻れませんが
そろそろ、新しい生活を始めませんか?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2020年5月ー4号

本文のシェア、ご紹介もご自由に。