By: kojima 有効: 8月 17, 2020 In: BLOG Comments: 0

空港が混雑していて、飛行機の出発が遅れた時の話です。

彼が搭乗予定の飛行機の出発時刻が大幅に遅れることになり、時間を持て余した彼は売店でクッキーを買い求め待合室に向かいました。

混雑した室内では隣の人とテーブルを共有する形になっていたそうです。

隣には男性が座っていましたが、
彼はこの男性に出来るだけ関わらないように
クッキーとカバンを置いて、雑誌に眼を通し始めました。

しばらくすると、その男性がクッキーを食べ始めました。

驚いた彼は雑誌を置き、クッキーを一枚食べました。

すると、その男性はまた、
笑顔でクッキーを一枚食べ始めました。

彼は、いま起こっていることをどう受け止めたら良いのか分からず混乱していましたが、負けじと彼も一枚クッキーを食べました。

「クッキーくらい」と思いながらも彼の内心は穏やかではありませんでした。

しばらくすると、その男性は残り一枚になったクッキーを半分に割り、笑顔で彼に渡しました。

受け取った彼の顔が笑顔でなかったのは言うまでもありません。

隣の男性は半分を自分で食べてから、
空になったクッキーの箱を持って立ちあがり、席を離れていきました。

一人、残された彼は憤怒の気持ちで心が一杯だったそうです。

そんな時、彼の乗る飛行機の搭乗案内があり
自分のカバンを持って立ちあがろうとすると、
カバンの下に彼の買ったクッキーがありました。

そうです。
テーブルの上のクッキーは彼のものではなく、
隣に座っていた男性のものだったのです。

お詫びを伝えようとした彼は
その男性を探しましたが、
もう見当たりませんでした。

あなたと一番大切な人との間には、どんなクッキーがありますか?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■毎週一度、ビジネスのヒントをお届けする
無料のメルマガ登録はこちらから
https://maroon-ex.jp/fx99372/cmjMoi
メルマガの試し読み:https://genkifactory1.com/bkn99372/kojima/36
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::