199月
By: kojima 有効: 9月 19, 2020 In: BLOG Comments: 0

私は昨年12月に開催されたホノルル「マラソン」に初めて出場しました。

今年は仲間でツアーを組んで参加しようと思っていましたが、このコロナ禍で断念しました。
来年は、参加できることを願っています。

走るのが嫌いで練習もしない
還暦過ぎの私がたった一度でなぜ
ホノルルマラソンの魅力に取りつかれたのか?

ホノルルマラソンの魅力は挙げればきりがありません。

朝5時にスタートして見る
ワイキキビーチからの朝陽の美しさ、
時間無制限のゴールタイムや
現地の方々が暖かく迎えてくださる雰囲気などなどあります。

中でも私が感じる最大の魅力は、
誰とも比べない
誰からの評価も気にしない
このホノルルマラソンスピリットです。

参加者は皆、各々がそれぞれのペースで参加して楽んでいます。

「人生を無駄にする3つの言葉」

愚痴を言う。
他人をねたむ。
誰かに評価して欲しいと願う。
byちきりん

この人生を無駄にする言葉の
一番遠くにあるのが
私にとってのホノルルマラソンなのです。

今の自分に感謝する。
他人に敬意を持って接する。
自分でコントロールできないことは考えない。

ホノルルマラソンには、
足の不自由な方も
杖をつく老人も
お子さん連れで乳母車を押す方も
皆それぞれのペースで参加していました。

私は、そんな方々と一緒にホノルルマラソン「10km」の部に参加しました。
10kmでゴールタイムは2時間余。
最高のホノルル「散歩」でした。

私がゴールした時に、フルマラソン(42.195km)の部のトップランナーはゴールしていました。

彼は彼で立派だし、私も私で満足でした。
ゴールした後の揚げドーナツと冷えたビールの味は忘れられません。

あなたの心と身体を自由に解放してくれるのは、いつ何処で何をしている時ですか?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■毎週一度、ビジネスのヒントをお届けする
無料のメルマガ登録はこちらから
https://maroon-ex.jp/fx99372/cmjMoi
メルマガの試し読み:
https://genkifactory1.com/bkn99372/kojima/36
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::